優雅な株式投資ノート

取引前に更新するリアルな投資ノート。 用語解説、経済・投資のコラムも書いていきます。

金融政策

住宅ローン固定金利は底打ち?

10/4の日経平均株価は、前日比+136.98
売買代金は、1兆7,528億円。

昨日は更新をお休みしました。
日中は株価をチェックできなかったので、REITの売り指値をしておきました。
しかし、その一歩手前まで上がって下落。

長期金利が上がり気味なので、不動産関連は警戒されているようです(下図参照)。
それでも歴史的低金利には変わりはないので、需要は底堅いのではないでしょうか?

個人的に新築マンションを契約したばかりで、住宅ローンの動向は気になります。
引き渡し時の金利が適用されるので、今チェックしても仕方ないのですが ^^)

リーマンショック後、どの銀行も変動金利はほとんど変わっていません
ただ銀行間の競争は働いていて、店頭表示金利からの引き下げ幅は大きくなっています。

例えば三井住友信託銀行の固定10年(当初引き下げ幅の大きいプラン)でみると、7月0.40%→10月0.45%となりました。それでも0.50を切っているのは凄いです。

今日のイベントは、 ノーベル化学賞発表、21:15 米ADP雇用統計、23:00 米ISM非製造業景況指数(9月)。

決算発表は、 ABC マート(2670)、良品計画(7453)2Q、イオン(8267)2Q。

今日は円安効果があるといいですね。

<日本国債10年物利回り-1年>

BL-10yr

【10/4の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,735.65 +136.98  +0.83%
ユーロストック50 3,029.50 +31.00 +1.03%
NYダウ 18,168.45 -85.40 -0.47% 
CME日経平均先物 16,755.00

【10/5 8:40の為替】
 
USD-JPY 102.82
EUR-JPY 115.26
EUR-USD 1.1209 

日銀の変化球を好感、訪日外客数も好調

9/21の日経平均株価は前日比+315.47円
売買代金は、2兆7,152億円。

日銀が発表した新しい金融政策が株式市場に好感されました。

FRBは予想通り政策金利を据え置き

日銀の『目で見る金融緩和の「総括的な検証」と 「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」』の内容を見ておきます。

1.物価上昇率が目標の2%にならないのは、2014年夏以降の原油価格下落と消費税率引き上げ後の消費低迷、2015年夏以降の新興国経済の減速が原因。

2. 実際の物価が上がらないので、予想物価上昇率(人々が予想する物価の上がり方)も止まった。
 
3.通貨供給量のGDP比80%と既に欧米の4倍になっている。

4.それでも物価上昇率が「2%超」になるまで、大規模な金融緩和を続ける。

5.マイナス金利と長期国債の買い入れという組み合わせにより、各年限の国債金利が下がった。

6.しかし長期の年限への影響が大きくなり、長期金利が大きく下がってしまった。

7.預金金利の低下幅は小さい一方で、貸出金利が大きく低下し、金融機関収益圧迫されている。

8.保険や年金の運用利回りも低下したが、直接的な経済への影響は大きくないはず。

9.しかしマインド面を通じて経済活動に影響する可能性はある。

10.短期と長期の金利を操作する「イールドカーブ・コントロール」を導入し、2%物価上昇への勢いを維持。

11.実際の操作方法は、マイナス金利国債買い入れの組み合わせである。


まとめると、「今後マイナス金利を深掘りしても、長期金利はマイナスではなくゼロになるようにします」ということです。
金利には予想物価上昇率が含まれているので、長期金利がマイナスでは物価は上がらないですね。
経済活性化のためには金利は低い方がいいので、短期金利は低く抑えたい訳です。


もう1つの話題は、8月の訪日外客数前年同月比+12.8%の204万9千人だったことですね。
1年前のドル円は120円でしたから、20円円安なのにこれだけ増えているのはすごいと思います。
日本のファンになったリピーターがいてくれるといいですね(^^)

<通貨供給量のGDP比は80%と既に欧米の4倍!>

日銀マネタリーベース-20160923

【9/21の終値】
前日比
日経平均株価         16,807.62 +315.47 +1.91%  

【9/22終値・先物現在値】

ユーロストック50  3,051.69 +69.51 +2.33%
NYダウ                  18,392.46 +98.76  +0.54%

CME日経平均先物  16,760.00

【9/23 8:40の為替】
 
USD-JPY 100.81
EUR-JPY 113.00
EUR-USD 1.1209

マイナス金利深掘りの地ならし

9/20の日経平均株価は、前日比-27.14円
売買代金は、2兆749億円。

大きく下げてスタートし、徐々に下げ幅が縮まりましたが、後場は冴えず。

ここ最近、メディアがマイナス金利を深掘りする方向だというトーンの記事を出しています。
これで日銀は反応を伺っていたのではないでしょうか?
(「9/14「マイナス金利深掘り」報道で、REIT上昇に期待」を参照。)

今日のイベントは、 日銀政策金利・会見、粗鋼生産量(8月)、全国百貨店売上高(8月)、全国スーパー売上高(8月)、訪日外国人客数(8月)、8:50 貿易収支、27:00 米FOMC政策金利・会見。

おそらく昼過ぎに日銀総裁の会見があります。
今日は朝から外出なので、その時間帯はスマホをチェックしてREITをどうするか考えます。
会ってる人に予め言っておかなければ(*'ω'*) 

【9/20の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,492.15 -27.14  -0.16%
ユーロストック50 2,964.86 -3.45 -0.12%
NYダウ 18,129.96 +9.79 +0.05% 
CME日経平均先物 16,335.00

【9/21 8:40の為替】
 
USD-JPY 101.63
EUR-JPY 113.34
EUR-USD 1.1151 

今週の予定、21日の日銀金融政策が楽しみ

9/16の日経平均株価は前日比+114.28円
売買代金は、2兆1,306億円。

金曜日、ロシア中銀は、政策金利を10.50%から10.00%に引き下げました。

さて、パラリンピックも終わって夏が本当に終わったという感じです。
今年はシルバーウィークがあるのかないのか、よく分かりませんね。

今週は、国内の業界統計の発表が多いです。
9/20(火)  全国コンビニ売上高
9/21(水)  日銀政策金利・会見、粗鋼生産量(8月)、全国百貨店売上高(8月)、全国スーパー売上高(8月)、訪日外国人客数(8月)、8:50 貿易収支、27:00 米FOMC政策金利・会見
9/22(木)  ツーリズムEXPOジャパン2016(~25日)、バスケットボールBリーグ開幕、6:00 NZ中銀政策金利、20:00  トルコ中銀政策金利

今週は営業日が3日で、日米の金融政策イベントもあるので、ポジションを閉じる人が多いかもしれません。
それでも持ち続けようと思います。

【9/16の終値】
前日比
日経平均株価          16,519.29   +114.28 +0.70%  

【9/19終値・先物現在値】

ユーロストック50  2,968.31  +33.06 +1.13%
NYダウ                  18,120.17   -3.63   -0.02%

CME日経平均先物  16,270.00

【9/19 8:40の為替】
 
USD-JPY 101.85
EUR-JPY 113.83
EUR-USD 1.1178  

マイナス金利深掘りの可能性、商船三井が回復

9/5の日経平均株価+111.95
売買代金は1兆1,7400億円。
金額が少ない中、3ヵ月ぶりに17,000円台を回復

朝9時に発表された毎月勤労統計(7月)によれば、名目賃金は前年同月比+14%実質賃金は同+2.0%
P.5からの統計表で、産業別の数字を見ると、人件費の動向が分かります。
不動産業、情報通信業上昇し、金融業、建設業、飲食などのサービス業下落しています。

黒田日銀総裁の講演の全文を読むと、マイナス金利については、副作用に配慮しつつもポジティブに評価したように感じます。特にこの文(下図も参照)。

「マイナス金利政策について、当初、リスクフリー金利である国債金利が低下しても、金融機関における主たる調達手段である預金金利の低下余地が乏しいため、貸出金利や社債・CP金利の低下につながらないのではないかとの見方もありました。しかしながら、マイナス金利導入後の各種金利の動向をみると、貸出、社債・CPの金利は大幅に低下しており、いずれも過去最低水準にあります。」

日銀金融政策決定会合9月20日~21日ですが、追加緩和の可能性ありますね。
2018年4月8日の黒田総裁の任期満了までに、住宅ローンを組んだほうがいいかもしれません(笑)。

今日のイベントは、 13:30 豪中銀政策金利、18:30 南アGDP(4~6月)、23:00 米ISM非製造業景況指数(8月)

バルチック海運指数が上昇し、手持ちの商船三井(9104)回復して嬉しいです(^^)
8月31日に、韓国最大手の韓進(ハンジン)海運(117930.KS)が日本の会社更生法に相当する「法定管理」を申請して破綻したからだけではないと思います。

日銀金融環境-20160905

【9/5の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価         17,037.63 +111.95 +0.66% 
ユーロストック50 3,077.66 -2.08  -0.07%
NYダウ                  18,491.96 +72.66 +0.39%
CME日経平均先物   17,045.00

【9/6 8:40の為替】
 
USD-JPY 103.53
EUR-JPY 115.40
EUR-USD 1.1148  

記事検索
スマホで取引しやすく記事が充実した証券会社
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村