優雅な株式投資ノート

取引前に更新するリアルな投資ノート。 用語解説、経済・投資のコラムも書いていきます。

金融政策

今週の予定、為替の潮目に変化の兆し

8/29の日経平均株価は+376.78円
売買代金は1兆8,027億円。

相場の停滞感に、変化の兆しが現れました。

8/26、ジャクソンホールでの経済シンポジウムで、イエレンFRB議長が意外にも利上げに前向きな発言をしたからです。
実際にはこの一文なので、過度な期待はできないはずです。

Indeed, in light of the continued solid performance of the labor market and our outlook for economic activity and inflation, I believe the case for an increase in the federal funds rate has strengthened in recent months.
全文はこちら
 
もう火曜日ですが、今週の予定です。

8/30(火) 8:30 有効求人倍率 (7月)、家計調査(7月)、失業率(7月)、 23:00 米消費者信頼感指数(8月)
8/31(水) ブラジル政策金利、スペイン下院信任投票、18:00 ユーロHCPI(8月)、ユーロ失業率(7月)、 21:00 印GDP(4~6月)、 ブラジルGDP(4~6月)、21:15 米ADP雇用統計(8月)
9/1  (木) 全国百貨店売上高(8月)、10:00 中製造業・非製造業PMI、23:00 米ISM製造業景況指数(8月)
9/2  (金) 日ロ首脳会談、民進党代表選告示、仏独首脳会談、8:50 マネタリーベース(8月)、14:00 消費者態度指数(8月)、21:30 米雇用統計(8月)

決算発表は以下のとおり。
8/31(水)  パーク24(4666)3Q
9/1  (木)  伊藤園(2593)1Q

エイチ・アイ・エス(9603)の株価が下がってしまいました。
日経新聞が、8/26(金)の決算発表を受けて翌日「初の最終赤字」、今朝の銘柄診断コーナーでは「初の最終赤字を嫌気」という記事を掲載しています。
実際は、前日のプラスが大きい中での-93円(-3.3%)で、そんなに下がってないですよ!
ネガティブトーンのおかげで、今日も気配値が低くて困ります(ーー;)。

他の株は上がってきたので、なんとか今月中に売買したいです。

【8/29の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価          16,737.49 +376.78 +2.30% 
ユーロストック50 2,998.50  -11.86 -0.39%
NYダウ                  18,502.99 +107.59 +0.58%
CME日経平均先物   16,700.00

【8/30 8:40の為替】
 
USD-JPY 101.88
EUR-JPY 114.01
EUR-USD 1.1190


日銀が2週間ぶりにETFを707億円購入

8/25の日経平均株価-41.35円
売買代金は1兆7,121億円。

日銀の買入結果によると、8/10以来の707億円のETF購入がありました(下図参照)。
それにもかかわらず、株価はマイナスで終了。

米国の耐久消費財(7月)前月比+4.4%と、市場予測の+3.4%を上回る結果。
米国経済の堅調さが確認されましたが、株価はマイナスで終了。

今日のイベントは、 安倍首相ケニア訪問(~8/29)、8:30 消費者物価指数(CPI)(7月)、イエレン米FRB議長講演です。

決算発表は、 現在保有しているエイチ・アイ・エス(9603)3Q。

5~7月の業績なので期待はできませんが、業績予想修正は前回あったので今回はないでしょう。
イエレン議長の発言はおそらくハト派で、一時的に円高になると思いますが、まだ売りたくないです。

ETFとは
Exchange Traded Funds」の略で、「上場投資信託」と訳されます。
ファンドマネージャーが投資家から集めた資金を株式や債券などに投資するのが「投資信託」ですが、それが取引所に上場しているものなので、株式のように売買できます。

さらに、日銀が購入しているのは「指数連動型」で、TOPIXのような指数とほぼ同じ値動きをするように運用されます。

実務的には、証券会社や機関投資家が買った株バスケット」(現物株の集合)をファンドの運用会社に渡し、運用会社がETFを設定します(金銭を出資する普通のファンドと異なります)。

証券会社や機関投資家は、ETFの持分を示す受益証券」を受け取ります(株バスケットとETFは相互に交換可能)。
これが証券取引所に上場し、一般投資家が市場で小口売買することが可能になります。

一般投資家は、通常のファンドのような解約はできません。
換金したければ、別の投資家に売却することになります。
解約となると、証券会社や機関投資家が、「受益証券」を管理会社に持ち込み「株バスケット」と交換することになります。

日銀ETF-20160825


【8/25の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価         16,555.95 -41.35 -0.25% 
ユーロストック50  2,987.69 -20.90 -0.69%
NYダウ                  18,448.41 -33.07 -0.18%
CME日経平均先物  16,475.00

【8/26 8:40の為替】
 
USD-JPY 100.53
EUR-JPY 113.47
EUR-USD 1.1287  

決算発表で建設株の回復に期待

8/8の日経平均株価は、前日比+396.12円
売買代金は、2兆2,593億円。

日銀の買入結果によると、設備投資と人材投資に積極的な企業を支援するETFを12億円を購入したようです。
具体的には、以下のファンドを適格としています。

5/6発表
 MSCI日本株人材設備投資指数
 野村企業価値分配指数
 
このファンドの組入れ銘柄を見てみると、思ったよりディフェンシブ株が入っていました。

本日は、14:30にインド中銀政策金利の発表があります。1期(3年)だけで辞任することが話題となったラジャン総裁の最後の会合です。

決算発表は、12:00 鹿島(1812)1Q 、13:00 清水建(1803)1Q、大塚HD(4578)2Q、14:00 大和ハウス(1925)1Q、東京海上(8766)1Q、15:00 資生堂(4911)2Q、ブリヂストン(5108)2Q、リクルートHD(6098)1Q、ダイキン(6367)1Q、大日印(7912)1Q、東急(9005)1Q、マクドナルド(2702)2Q、16:00 第一生命(8750)1Q。

日経平均先物の水準や為替の円高方向への動きから、出だしは低くなりそうです。
株価は相変わらずですが、建設株の決算発表が楽しみです。

【8/8の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,650.57 +396.12 +2.44%
ユーロストック50  2,982.92 +9.21 +0.31%
NYダウ 18,529.29 -14.24 -0.08%
CME日経平均先物 16,605.00

【8/9 8:40の為替】
 
USD-JPY 102.36
EUR-JPY 113.47
EUR-USD 1.1085  

今週の予定、「作られた株価」続く

7/29の日経平均株価は、終わってみれば前日比+92.43
前場は下落し、12時台の日銀追加緩和発表で急上昇した後、一気に500円下落。
日銀Webサイトはしばらくアクセスできませんでした。
売買代金は、3兆2,967億円とかなり多め。

<日銀政策> 
① 0.1%のマイナス金利を維持(賛成7反対2)。
② 国債80兆円買い入れ(年間)も維持(賛成8反対1)。
③ ETF買い入れ(年間)を3.3兆円から6兆円に増額(賛成7反対2)

7/30に「経済・物価情勢の展望」を公表(年4回)。

ユーロ圏GDP(4~6月)は、前期比年率換算1.2%。消費者物価、失業率とも堅調。
米GDP(4~6月)は、同1.2%と市場予想の2.5%を下回り、ドル円が102円台と円高急伸

今週の予定です。月初なので重要指標の発表も多いです。

8/1(月) 大手百貨店売上高速報(7月)、10:00 中PMI(7月)、23:00 米ISM製造業(7月)
8/2(火) 8:50 マネタリーベース(7月)、14:00 消費者態度(7月)、21:30 米個人支出(6月)
8/3(水) 21:15 ADP全国雇用者数(7月)、23:00 米ISM非製造業(7月)
8/4(木) 20:00 
英中銀MPC議事要旨
8/5(金) 21:30 米雇用統計

決算発表で稼ぎたいところです。

8/1(月) 13:00 塩野義(4507)1Q、住友商(8053)1Q、15:00 JT(2914)2Q、旭硝子(5201)2Q、住友電(5802)1Q、キーエンス(6861)本、16:00 三菱UFJ(8306)1Q
8/2(火) 12:00 小野薬(4528)1Q、13:00 旭化成(3407)1Q、伊藤忠(8001)1Q、14:00 京王(9008)1Q、15:00  ヤマハ(7951)1Q、ホンダ(7267)1Q、三菱商(8058)1Q、 KDDI(9433)1Q、16:00 田辺三菱(4508)
8/3(水) 富士重(7270)1Q、12:00 エーザイ(4523)1Q、13:00 三井物(8031)1Q、15:00 明治HD(2269)1Q、アサヒ(2502)2Q、クボタ(6326)2Q、スズキ(7269)1Q、オリンパス(7733)1Q、ANA(9202)1Q
8/4(木) 13:00 JX(5020)1Q、15:00 国際帝石(1605)1Q、キリンHD(2503)2Q、サントリーBF(2587)2Q、テルモ(4543)1Q、楽天(4755)、いすゞ(7202)1Q、トヨタ(7203)1Q、三井不(8801)1Q、三菱地所(8802)1Q、NTTデータ(9613)1Q
8/5(金) 11:00 ユニチャーム(8113)2Q、13:00 大林組(1802)1Q、東レ(3402)1Q、14:00 大成建(1801)1Q、 丸紅(8002)1Q、住友不(8830)1Q、15:00 SMC(6273)1Q、シスメックス(6869)1Q、リコー(7752)1Q、NTT(9432)1Q、セコム(9735)1Q

ネット時代の今でも、日経新聞記事のニュアンスが始値に影響を与えている気がします。

【7/29の終値】
前日比
日経平均株価 16,569.27 +92.43 +0.56% 
ユーロストック50   2,990.76 +24.66 +0.83%
NYダウ 18,432.24 -24.11 -0.13%
CME日経平均先物 16,320.00

【8/1 8:40の為替】
 
USD-JPY 102.37
EUR-JPY 114.32
EUR-USD 1.1167  

早朝からドル円が乱高下、株式相場も波乱の予感

7/28の日経平均株価は、前日比-187.98-円
売買代金は、2兆3,738億円でした。

前日に買えてしまった日産自動車(7201)は、前場は堅調でした。ところが13:30頃、アナリストの目標株価引き上げを受けてなのか急落。ポジティブな内容でも上昇につながらないのが難しいところです。
その時間はパシフィックネット(3021)の決算説明会に参加していました。Webで資料が取れる時代ですが、社長の話を聞くのはやはり勉強になります。

今日は朝からドル円が105円台から一時103.37円になるなど荒れムード。
イベントは、欧州銀行監督局(EBA)銀行ストレステスト結果、15:30 日銀金融政策決定会合後会見、18:00 ユーロGDP(4~6月)、21:30 米GDP(4~6月)の発表と目白押しです。

決算発表は、 15:00 武田(4502)1Q、ソニー(6752)1Q、マツダ(7261)1Q、JR東海(9022)1Q、NTTドコモ(9437)1Q、16:00 みずほ(8411)1Q、17:00 パナソニック(6752)1Q。

8:30に発表された消費者物価指数(6月)総合は、前年同期比-0.4%と市場予想どおり。
昼過ぎの日銀総裁会見は、それまでに追加緩和期待が高まっていればポジションをしまいたいです。
今日はPC前に張りつきたい一日です。

【7/28の終値】
前日比
日経平均株価 16,476.84 -187.98 -1.13% 
ユーロストック50   2,966.10 -33.38 -1.11%
NYダウ 18,456.35 -15.82 -0.09%
CME日経平均先物 16,550.00

【7/29 8:40の為替】
 
USD-JPY 104.73
EUR-JPY 116.12
EUR-USD 1.1084  
記事検索
スマホで取引しやすく記事が充実した証券会社
プロフィール

マカロン

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村