優雅な株式投資ノート

取引前に更新するリアルな投資ノート。 用語解説、経済・投資のコラムも書いていきます。

マクロ統計

ドル円105円台で利益確定売りか、決算サプライズ狙いか

10/28の日経平均株価は、前日比-55.42円
売買代金は、1兆9,449億円。

英国GDP成長率(7~9月)は、前年同期比2.3%と市場予想の2.1%を上回りました。
EU離脱交渉は依然不透明ですが、欧州全体としては景気回復基調

今日のイベントは、 8:30 失業率(9月)、CPI(9月)、家計調査(9月)、19:30 露政策金利、21:30 米GDP(7~9月)、23:00 米消費者態度指数。

決算発表は、11:00 ヒューリック(3003)3Q、豊田織機(6201)2Q、デンソー(6902)2Q、川重(7012)2Q、コナミ HD(9766)2Q、12:00 アステラス薬(4503)2Q、13:00 ジェイテクト(6473)2Q、アイシン精(7259)2Q、HOYA(7741)2Q、豊通商(8015)2Q、14:00 トヨタ紡織(3116)2Q、東ガス(9531)2Q、15:00 山崎パン(2212)2Q、信越化(4063)2Q、協和キリン(4151)3Q、武田(4502)2Q、JFEHD(5411)2Q、コマツ(6301)2Q、日立(6501)2Q、三菱自(7211)2Q、大和証G(8601)2Q、JR東日本(9020)2Q、NTTドコモ(9437)2Q、関西電(9503)2Q、東京エレク(8035)2Q、16:00 オリエンタルランド(4661)2Q、中部電(9502)2Q。

ついにドル円が105円台に回復
保有株の含み益が増えてきました(^^)
決算発表まで待つか、一旦利益確定するか?嬉しい悩みです。

一番気になる業界は、月次データを見ても読みにくい鉄鋼業
今日15時に、JFEホールディングス(5411)決算発表があります。
その前に仕込んでおくか、十分検討したいと思います。

【10/27の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 17,336.42 -55.42 -0.31%
ユーロストック50 3,085.17 +4.19 +0.14%
NYダウ 18,169.68 -29.65 -0.16% 
CME日経平均先物 17,455.00

【10/28 8:40の為替】
 
USD-JPY 105.23
EUR-JPY 114.69
EUR-USD 1.0900 

主力トップバッター、安川電機(6506)の決算発表日

10/18の日経平均株価は、前日比+35.30
売買代金は、1兆6,631億円。

中国GDP(7-9月)の発表されましたが、市場予想どおり前年比+6.7%でした。
9月の小売売上高と鉱工業生産も市場予想並みで、ひとまず中国懸念後退ですね。

中国関連銘柄として、日産(7201)商船三井(9104)を保有しています。
いい感じに上がってきました。
中間決算発表まで持つかどうか、じっくり考えます(日産は11/7、商船三井は10/31)。
 
今日のイベントは、EU首脳会談、 全国コンビニ売上高(9月)、全国百貨店売上高(9月)、粗鋼生産量(9月)、20:00 トルコ中銀政策金利、20:45 欧州中銀政策金利 。

決算発表は、16:00 安川電(6506)2Q。

安川電機(6506)の株価は既に上がってきています。
そこからもう一段ギアが入ればすごいけど、仮に下がっても投資家が動揺して欲しくないところ。
セグメント別の営業利益率など、IR情報が充実していて良い会社ですね。
ここの業績が他社の参考になるのはもっともです(下図参照)。

決算でポジティブサプライズが起こりそうな銘柄は、売りたくないです(例:11/7のいすゞ(7202))。
逆に怖い銘柄は、早く売りたいです(例:10/27リコー(7752))。

<安川電機(6506)の第1四半期までの売上高>

安川電機FY20161Q



【10/19の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,998.91 +35.30 +0.21%
ユーロストック50 3,055.94 +8.95 +0.29%
NYダウ 18,202.62 +40.68 +0.22% 
CME日経平均先物 16,990.00

【10/20 8:40の為替】
 
USD-JPY 103.48
EUR-JPY 113.52
EUR-USD 1.0971

中国関連銘柄に期待

10/18の日経平均株価は、前日比+63.49
売買代金は、1兆7,731億円。

後場から上がり続け、終わってみればプラスでした。
 
今日のイベントは、ブラジル中銀政策金利、11:00 中GDP(7~9月)、中鉱工業生産(9月)、中小売売上高(9月)、21:30 米住宅着工件数(9月)。

決算発表は、ハウスリート(8984)本。

11時中国の指標がいくつか発表されるので、その時にどう動くか楽しみです。
内需が底堅ければ、GDPも悪くないはず。

中国関連銘柄は、「日経中国関連株50」でチェック(9/13 「ドル円101円台に下落、中国関連株に注目」参照)。

【10/18の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,963.61 +63.49 +0.38%
ユーロストック50 3,046.99 +38.27 +1.27%
NYダウ 18,161.94 +75.54 +0.42% 
CME日経平均先物 16,950.00

【10/19 8:40の為替】
 
USD-JPY 103.85
EUR-JPY 113.97
EUR-USD 1.0974

中国の貿易収支(9月)の発表で続落、でも輸入は増加

10/13の日経平均株価は、前日比-65.76円
売買代金は、1兆8,906億円。

上げてスタートしたものの、中国の貿易統計(9月)の発表で急落し、そのまま終わりました。
中国海関総署のリリース(英語版)を見ると、輸入前年比+2.2%輸出同-5.6%で、貿易収支同-25%の2,783億元。
貿易額同-2.4%ですが、貿易収支となると輸出減のインパクトが大きくなります。
市場がちょっと反応し過ぎた感じはします。

今日のイベントは、 21:30 米小売売上高(9月)、26:30 米イエレンFRB議長講演(ボストン)。

決算発表は、松竹(9601)2Q、ドトール日レスHD(3087)2Q。

サイゼリヤ(7581)は、一昨日(10/12)の好決算発表にもかかわらず、昨日下がりました。
今日の気配値はかなり高いので楽しみです(^^

【10/13の終値・先物現在値】
前日比
日経平均株価 16,774.24 -65.76 -0.39%
ユーロストック50 2,975.04 -32.99 -1.10%
NYダウ 18,098.94 -45.26 -0.25% 
CME日経平均先物 16,760.00

【10/14 8:40の為替】
 
USD-JPY 103.70
EUR-JPY 114.56
EUR-USD 1.1046 

今週の予定、米雇用統計はそれほど悪くない

10/7の日経平均株価は、前日比-39.01円。
売買代金は、1兆6,559億円。

米雇用統計(9月)
の非農業部門雇用者数が、+15.6万人と市場予想の+17.2万人を下回りました。

よく見ると、民間部門が+16.7万人公的部門が-1.1万人
8月がそれぞれ+14.4万人、+2.3万人(全体で+16.7万人)なので、前月より悪くなったとは言えないでしょう。

9月の民間部門の内訳は、製造業が+1.0万人サービス業が+15.7万人
製造業は相変わらず低調です。

一時的に円高になったものの、トランプリスク後退や原油高で再び円安へ。

今週の予定です。

10/11(火) 8:50 貿易統計(8月)、14:00 景気ウォッチャー(9月)
10/12(水)   8:50 機械受注(8月)、OPEC月報
10/13(木)   中貿易収支(9月)
10/14(金) 21:30 米小売売上高(9月)、26:30 米イエレンFRB議長講演(ボストン)

今週は本決算発表が多いので、来期の会社予想に注目。

10/11(火)  久光製薬(4530)2Q、15:00 ユニー・ファミマ(8028)2Q
10/12(水)  ローソン(2651)2Q、サイゼリヤ(7581)本
10/13(木)  ファーストリテイ(9983)本、ビックカメラ(3048)本
10/14(金)  松竹(9601)2Q、ドトール日レスHD(3087)2Q

今週は、決算発表後の値上がりを狙いたいです。

【10/7の終値】
前日比
日経平均株価          16,860.09 -39.01 -0.23% 

【10/10の終値・先物現在値】

ユーロストック50  3,035.76  +35.19 +1.17%
NYダウ                  18,329.04 +88.55  +0.49%
CME日経平均先物  17,005.00

【10/11 8:40の為替】
 
USD-JPY 103.88
EUR-JPY 115.66
EUR-USD 1.1133
記事検索
スマホで取引しやすく記事が充実した証券会社
livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村